スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
薄毛が進行する最大の原因
薄毛の最大の原因と言われている「5α-リダクターゼ」

では何故「5α-リダクターゼ」が抜け毛の原因をつくり薄毛を進行させるのでしょうか・・



難しい内容かも知れませんが、育毛を成功させる為には、
「5α-リダクターゼ」の話は非常に重要な話です。

男性ホルモン、アンドロゲンの中の一種である「テストステロン」は
前立腺や毛包などに存在する「5α-リダクターゼ」という還元酵素に
よって「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換さます。


これが(DHT)
毛根を萎縮させて発毛を阻害するのです。


テストステロンとDHTを比べると毛根を萎縮させる力は
DHTのほうが10~100倍あるといわれています。


なので「5α-リダクターゼ」DHTに変換されてしまう前に
抑制しなければ薄毛の改善は難しいのです。


育毛剤の効果が現れてきて発毛してきたとしても、
「5α-リダクターゼ」DHTに変換され続けていては、
薄毛の改善は難しいのです。


「ヘアメディカル・ファイブ・アルファ・アール」 は、抜け毛の原因である、
この「5α-リダクターゼ」の活性を抑制する生薬エキスを配合した
日本初の臨床医学から開発された飲む抜け毛予防サプリメントです。

ファイブ・アルファ・アール
スポンサーサイト

テーマ:ヘルス&ビューティ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/01/12 18:10】 | 5αリダクターゼを抑制 | トラックバック(0) | コメント(0)
5αリダクターゼの抑制その2
DHTを抑制するために、女性ホルモンを使用したり、
直接男性ホルモンを抑制していじる事は、
理論上よくありません。


薄毛の最大の原因は、5α-リダクターゼがより強力で高濃度な
男性ホルモンDHTに変換されてしまうことです。


5α-リダクターゼDHTに変換されるのを抑えればよいわけです。


ポイントは男性ホルモンを直接抑制せずに、5α-リダクターゼ(酵素)を

抑制すればより安全に薄毛抜け毛の最大の敵の男性ホルモンDHT

防ぐことが可能です。



このサイトの基本コンセプトは、身体に害がなく安全な育毛発毛法です。


育毛が成功しても、身体が悪くなって
しまっては何もなりません。


健康に回復してこそ発毛した
喜びも味わうことが出来るのです。


5αリダクターゼ(酵素)を抑制してくれるもので、有名なのは
プロペシアフィナステロイド)経口タイプの育毛発毛医薬品です。


?型5α-リダクターゼの働 きをブロックする効果が期待出来ます。

しかしプロペシアは少数ではありますが、副作用の報告もあります
ので、当サイトではお勧め出来ません。


ではどのようにして、5α-リダクターゼの働 きをブロックして、薄毛の原因
DHTに変換されてしまうのを防げばよいかなのですが、当サイトでは
「ファイブ・アルファ・アール」というサプリメントをお勧めしております。


理由は、飲む発毛剤プロペシアのような副作用の心配がないことと、
髪の専門ドクターが臨床医学の観点から開発しているということです。


現段階ではこのファイブ・アルファ・アールが5α-リダクターゼを抑制出来る
もので一番安全に抑制できるのであると思います。


AGA(男型脱毛症)5α-リダクターゼをうまく抑制することは最も大切であり、

育毛成功させるためには必須です。

    
これを、実施しないと男性型脱毛症の根本原因の解消は難しいでしょう!

5αリダクターゼを抑制する!ファイブ・アルファ・アール

テーマ:抜け毛・発毛・育毛 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/01/05 17:02】 | 5αリダクターゼを抑制 | トラックバック(0) | コメント(0)
水道橋博士のシャンプー専門サイト


水道橋博士のシャンプー専門サイトです。

プロフィール

remi1

Author:remi1
水道橋博士のシャンプー
専門サイトへようこそ!

当サイトは水道橋博士の
シャンプーについて
分りやすく書いてある
サイトです。

最近の記事

カテゴリー

リンク

5αリダクターゼは薄毛の元凶

育毛リンク集

5αリダクターゼは薄毛の元凶

FC2SEOリンク

水道橋博士
薄毛
シャンプー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。